外反母趾
     外反母趾の知恵袋-東京都足立区とは、外反母趾でお悩みの方に役立つ情報や豆知識をご案内するサイトです。
東京都足立区の 外反母趾とは?      
東京都足立区の 外反母趾の一般的な治療法      
東京都足立区の 当院の外反母趾の治療      
東京都足立区の 監修院のあいさつ      

監修院のあいさつ - Adviser -
初めまして。三豊接骨院の院長 鴨下 正と申します。私は長年にわたって、外反母趾の治療・研究を行って参りました。
日々、外反母趾の症状を抱えて来院される患者さんを目の当たりにする中で、女性の方を中心として、本当に多くの方が外反母趾による痛みで悩まれている現状を痛感させられました。
外反母趾は、お一人お一人で症状が全て異なります。そして、症状に応じた対処を行わないと、かえって痛みが強くなったり、症状が更に悪化することも多いのです。
そのような現状の中、外反母趾についての正しい知識を1人でも多くの方に知って頂きたいという思いを強く抱く様になり、当ページを立ち上げることとなりました。
当ページが、外反母趾でお悩みの方々のご参考になりましたら幸いです。
▲TOP

外反母趾とは? - What is the Hallux valgus -
足部疾患の分類
足部にはさまざまな疾患があります。代表的な疾患を部位別に分類すると
母指: 外反母趾、陥入爪、滑液嚢炎、強直母趾、母趾種子骨障害、痛風、指上げ足
母趾以外: 内反小趾、槌趾、開張足、フライバーグ病、モ−トン神経腫、カ−リ−変形、指上げ足
中足部: 足底腱膜炎、凹足(ハイアーチ)、扁平足、有痛性外脛骨
後足部: 踵骨棘、足根洞症候群、シェーバー病、パンプバンプ、ハグルンド変形
上記以外に胼胝(タコ)、鶏眼(魚の目)

外反母趾の発生原因
上記、足部疾患の中で、外反母趾に関しては実に日本人女性の3人に1人の割合で発生しています。
三豊接骨院では、特に発生頻度の高い代表的な外反母趾にタ−ゲットをしぼり研究をしています。
外反母趾は単独に発生するよりも内反小趾、開張足、指上げ足を併発する事が多く、その際には、アライメントの機能的破綻が起こり重症化します。
子供の頃より、靴下やクッションの良い靴を履き、裸足で歩く事が減ってきた為、足指の発達が弱く次第に横中足靱帯が伸びたり、緩んで次第に足細の靴に合わされて外反してしまいます。
一般的に外反母趾の原因と言われているヒール、パンプスは二次的な要因です。事実当院にはヒ−ル、パンプスをはいた事の無い小学生や、男性の患者様が多く来院されています。
先進国の現代病とも言われているゆえんです。

外反母趾の痛みの発生メカニズム
母指の曲がったところが靴に当たり過剰刺激が起こり痛みを発生させたり、母指の付け根が地面に当たりすぎて炎症が発生し痛みが発生します。

外反母趾の分類
1: 靱帯性外反母趾:横アーチを支えている横中足靱帯が伸びたり、緩んでしまい母趾が小趾側に曲がってくるタイプ。最も治療効果の出やすい外反母趾です。
2: 仮骨性外反母趾:母趾そのものはあまり曲がらないで、付け根の骨だけが出っ張り外見上曲がったように見えてしまうタイプの外反母趾です。
3: 混合性外反母趾:靱帯性外反母趾と仮骨性外反母趾が混合したタイプの外反母趾です。
4: ハンマ−トゥ性外反母趾:足先が上を向き過ぎたり、ハンマーのように縮んでいるタイプの外反母趾です。
5: 病変性外反母趾:リウマチやヘバーデン結節、ケガなどが加わり著しい変形を伴うタイプの外反母趾です。

外反母趾があると下記の様な症状が併発してしまう可能性があります。
  足関節、膝関節の痛み、骨盤のゆがみ、側弯症、腰痛、肩こりなど
痛みがある場合は、炎症とともに変形が進んでいる時期であるため、一刻も早くテーピングで足裏のバランスを整えることです。早ければ早いほど傷みも早く取れ、変形を最小限に食い止める事が出来ます。
▲TOP

西洋医学による外反母趾の一般的な治療法について - How to cure Hallux valgus -
整形外科による外反母趾の治療の問題点
外反母趾で整形外科に来院すると、一般的にはレントゲンを撮り鎮痛剤を処方されてハイおしまい・・・。ということが多々あるのが現状です。
これは西洋医学の考え方が、単に「痛みを減らすこと」のみに重点が置かれているからです。実際は「痛みがあるときが進行している重要な時期」なのに鎮痛剤の服用で痛みがほぼ減ったからと言って安心して放っておくと、外反母趾がどんどん進行してしまうことがあります。

手術適応例
仮骨性外反母趾などで、骨の出っ張りが原因で痛みが起こり骨の切除により形が整いなおかつ母指の機能が正常に残っている場合。
骨の切除により著しい圧迫などが取り除かれる場合。

手術不適応例
手術で母指の形を整えても、弱った横中足靱帯の力を戻すことは困難です。
また母指の変形だけでなく足全体の形やバランスそのものが狂っていることが多いため、良い結果が得られないこともあります。

手術失敗例
母指と付け根が一本の棒のようになり、固まって動かなくなってしまった。
形はどうにかまっすぐにはなったが、母指の筋力が著しく低下して機能的作用がなくなり歩行障害を起こした。
手術をしたためにバランスが狂い、足の甲などの違う場所に痛みが出るようになった。
▲TOP

三豊接骨院の外反母趾の治療 - How to cure Hallux valgus -
この様な方に特におすすめします。
仕事、学校で革靴を履く事が決められていて、
痛くて革靴を履くのが辛い。
マラソンやスポ−ツで走る際、足趾や足部が痛む方。
ダンスや踊りで足趾や足部が痛む方。
女性スタッフによる施術を希望する方。
当院の施術方法
1.日本に数十台しかない足型測定器にて足裏バランス解析をします。
(母趾の角度、小趾の角度、接地面積、重心位置などが分かります。)
例1)軽度の外反母趾
母趾が軽度外反し、小趾も軽度内反している。 地面に接地出来ない足趾もあることが分析されている。
例2)指上げ足
両足、全ての足趾が接地出来ていない状態。 重心が後方(踵側)に移動するので踵への負担が多くなります。 この足でマラソンをした為、踵に痛みが出現した例。 。
例3)重度の外反母趾、内反小趾、開張足
母趾が重度外反し、小趾も重度内反した為、開張足を併発した例。 母趾の上に第2趾が重なった為、第2趾が靴に当たるので靴が履けない。第2中足骨骨頭部に胼胝も出来てしまう。 フットルックで分析すると足趾が左右4本づつしか見えない重症例。
 

※足型測定器(フットルック)の有効性について
当院では、足型測定器の解析データを把握した上でのカウンセリング・施術を300例ほど行ってきました。長年、外反母趾治療に携わって来ましたが、以前の経験と勘に頼っていた頃よりも、さらに精度の高い治療が行えていると自負しております。

※当院では女性スタッフが施術を行います
当院では、女性スタッフが測定、施術を全て行います。男性に施術をされることに抵抗がある方も安心してお任せください。

2.このデータを元にカウンセリングをさせて頂き、治療方針を決定してから施術開始となります。

3.電気治療を行います。
電気治療にて、体の内側への刺激を促し、次に行う指圧整体の効果を高めます。

4.全身の指圧整体を行います。
外反母趾の方は概ね、腰や肩などを中心とした上半身に異常をきたしていることが殆んどです。当院は、外反母趾の痛みを取りつつ、全身の体の痛みを取ることが、本来の体を取り戻すためには不可欠だと考えています。

5.フットケアテーピングを行います。
外反母趾の専門知識を持ったスタッフが、お一人お一人に合わせたテーピングを行います。長年の経験と熟練が不可欠なテーピングです。

軽度の外反母趾
施術前   施術後
重度の外反母趾
施術前   施術後

6.リハビリトレーニングの指導を行います。
日常生活の中で、行ってほしいリハビリトレーニングの指導です。こちらも外反母趾の専門知識を持ったスタッフが直接指導します。
※遠方からの患者様などには、フットケアテーピングの巻き方のご説明なども承ります。
初回は足裏バランス解析、カウンセリング、電気治療、全身の指圧整体、テーピング、リハビリ指導などおよそ80〜90分程時間がかかりますので、予約優先にて対応させて頂いております。

当院の治療で効果の出やすい部分(疾患)
靱帯性外反母趾による母趾の痛み、内足小趾による小趾の痛み、胼胝(タコ)

当院の治療で効果の出にくい部分(疾患)
踵骨棘、第2趾の付け根に発生するフライバーグ病、第3趾と第4趾の付け根に発生するモートン神経腫。

鴨下院長先生からのメッセージ

大きな地図で見る
※Googleマップ・ストリートビューはこちら
痛みのサインを最重要に捉え、まさに「この時を逃すまい」という強い信念の元、何より変形を最小限にくい止めるため、足裏バランス療法を行います。
母指が曲がって靴に当たっているなら、テーピングで母指をまっすぐに、
また、母指の付け根が地面に当たり痛みを発生させているのならテーピングとアーチパットで母指の付け根が地面に当たらないように出来ます。
(テーピング等で足裏のバランスを整えると外反母趾の進行をくい止めることが出来るのです。)

とにかく、外反母趾でお悩みの方は、まずご相談ください!
万が一、最初のカウンセリングで施術方法、内容について納得いただけない場合は、カウンセリング料も含めて、
一切料金はいただきませんので、お気軽にご相談ください!!




三豊接骨院 http://sanpou888.s358.com/
〒123-0843 東京都足立区西新井栄町2-5-12
TEL:03-3880-6886 FAX:03-3880-6886

患者さまの声
足立区 50代女性
あんなに痛かったのに、治療翌日普通に歩けてビックリしました。
当院:自信を持って歩けるようになるまで、頑張りましょう。
荒川区 30代女性
仕事中、立っているだけでも痛かったのに、普通に仕事が出来ました。腰の痛みも感じなくなりました。
当院:仕事中に、自然な笑顔が出てきますように!
足立区 60代女性
タコが痛くて足を引きずるように歩いていたのに、タコを削ってテーピングをしたら、タコの数が減ってきました。痛みも半減しました。
当院:まだ、いくつかタコが残っていますので、もっとタコ退治をしましょうね!
▲TOP

外反母趾の情報サイト「外反母趾の知恵袋」
東京都 足立区をはじめ墨田区、北区、荒川区、葛飾区、川口市、草加市、鳩ケ谷市、八潮市からの来院があります。
外反母趾とは?東京都足立区の 外反母趾の一般的な治療法東京都足立区の 当院の外反母趾の治療東京都足立区の 監修院のあいさつ東京都足立区の ▲TOP
Copyright (C) 外反母趾の知恵袋-東京都足立区 All Rights Reserved.

17/06/29[Thursday]